眉は、切る派?剃る派?抜く派?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバマ大統領の訪日で
ここ数日の都心はすっごいことになってましたね。

ちょうど、大統領と首相の銀座での寿司会談のころ
(三ツ星の有名店のお寿司、いいですね、おいしいんでしょうね~)
私も銀座にほど近い場所でお食事会だったのですが

どこを歩いてもすっごい数の警官にびっくり
圧倒されました!
別に悪いことなんにもしてないのに(当然デス)
な~んか、ちゃんとしなきゃって思うあまり
なぜかキョドッてしまうのは私だけでしょうか

不審者とかどうやって見わけるんでしょうかね・・・

ふしぎ・・・




さて、本題へ

今更聞けない微妙なメイクの疑問コーナーVOL.3



眉のお手入れのことで良く訊かれるのが
抜くの?
剃るの?
切るの?
  ・・・どれが一番いいの?というご質問

今回は眉のお手入れについてちょこっとお話します。


はっきりいて決まりはないと思うのですが
どれもメリットとデメリットがあるんです。
まずはひとつづつ説明してみます。


まず、『抜く』
・良い点としては、
切り口が見えないのでジョリジョリ感がなくすっきりしている
また、しばらく生えてこないのでお手入れが楽

・悪い点は、
毛根が傷つく可能性あり
次に生えてくるときに変な方向に生えてきたり、まったく生えてこなくなったり…



では次、『剃る』
・良い点
時間がかからない

・悪い点
お肌の表面が微妙に傷つく可能性あり
『抜く』よりも先に毛先が見えだしてくる


最後、『切る』
・良い点
長さを微調整することができる

・悪い点
時間がかかる
難しい
すぐに毛先が見えてくる


こんなところでしょうか


この良い点・悪い点を踏まえて
それぞれ使い分けるのが良いのではないかと思います。




私の提案として例題を挙げてみますと・・・

眉のアウトラインから遠く離れて生えているまったく不要な毛は⇒『抜く』
(もちろん剃っても切ってもOK)

個人差はありますが、長きにわたり抜き続けた為に生えてこなくなることもあります。
将来、流行の変化、似合う眉型も変化することを考えると
眉本体付近の毛はあまり抜かない方が良いと思います。

なので、アウトライン付近の不要な毛は⇒『剃る』か『切る』

眉本体の毛足の長さを調整したい箇所は⇒『切る』
特に眉尻の方は比較的下向きに生えていると思います。
このあたりの毛足はやや短めにカットするだけで一気に洗練されます。


眉は唯一自分の手で形そのものを変えられるところです、
イメチェンも眉から試してみるのがお手軽ではないでしょうか?


で、ついでに・・・
ぶきっちょさんにおススメのアイテムをご紹介しますね

以前、眉カットハサミなどをご紹介しましたが
今回は使いやすいカミソリをご紹介しますね。

眉の周りの要らない毛を剃ろうと思ったら
必要なところまで『アッ、剃り落しちゃった』なぁ~んて経験ありませんか?
顔の産毛剃り用のカミソリで眉のまわりを剃るのって意外に難しいですよね



mijikaikamisori

見ての通り刃がとっても短いカミソリです。
とても扱いやすいのでおススメですよ!
(ハサミもカミソリもくれぐれも気をつけてご使用下さい。
自己責任でお願いいたします)



お役にたてたられしいです

では また^^


zaっきーでした


   ∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵☆メイクアップメニューのご紹介☆∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
   メイクでさりげなくイメチェンしましょう!御気軽にどうぞ!
    ■個人レッスン、または2・3人のプライベートメイクアップレッスンのご案内はこちら
    ■眉のお手入れをはじめとした、各種ヘア&メイクアップサービスのご案内はこちら
  ∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

 いつも、応援してくださってありがとーございます!
 ↓ぽちっとクリックお願い致します。コメントもお気軽にくださいね!
  にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ   こちらもぽちっ→人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anto1.blog129.fc2.com/tb.php/296-e64f7eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。