スキンケアを見直そう/part2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう9月ですね
暦の上では秋

ちょっとづつ涼しくなってはいるものの
少し動くだけでまだまだ暑い、暑すぎです。


お近くの方も遠方の方も皆様、汗だくでの到着
とりあえずビール
・・・というわけにはいきませんので
アイスコーヒーや麦茶などで充分に水分補給していただき
汗を引かせて涼んでからレッスン開始でーす。

こんな暑い中、レッスンにお越しくださりホントうれしい限りです。

そのためにもしっかり楽しんでレッスンしましょうね

レッスンに来られない~~という方はブログの記事でヒントを盗んでね!






さて本題へ


前回に続き、
スキンケア商品を選ぶ際の基準
今回は肌質使用感について



スキンケア商品を選ぶ際
とりあえず、肌質別および使用感というくくりで選ぶ
 …という方が多いのではないでしょうか?

 普通肌はまあ、おいといて
 乾燥肌だったら、しっとりする保湿するもの
 脂性肌だったら、べとつかないさっぱりしたもの

というように
肌質によって使用感のお好みもちがいますもんね。

まあ、それはそれでいいのですが・・・


レッスンでいろんな方とお話をしたりお肌を拝見してると
肌をきれいにしたい!!…と肌質に不満や思いが強過ぎてか
無意識に極端なスキンケアに陥ってしまう方が結構いらっしゃるような気がします。



どういうことか?
わかりやすくちょっと例を挙げてみますね

脂性肌なので、
 『クレンジングや洗顔は時間をかけ念入りにしている』

『混合肌なので、
 定期的にTゾーンの毛穴の角栓や汚れを取っている』

『ニキビ肌なので
 殺菌効果のあるものを使っている』

『乾燥肌なので
 日中、何度もミストローションを吹き付けている』

『敏感肌なので
 薬や薬用のものを毎日お化粧前に塗っている』

などなど

例を挙げるとキリがないのですが
どれも一見、納得してしまいそうですよね


でもこれらすべてやり過ぎの可能性大ですし、
逆効果の可能性も・・・


一見、普通と思われることなのに
なぜ、逆効果の可能性があるのか?
というと


お肌や人体には
環境に適応する機能、
恒常性を保とうとするという機能、
免疫力や自然治癒力など他にも様々な機能が備わっていて
体を守ったり順応してくれていますよね。

なので、お肌は良い意味でも悪い意味でも適応していきます。



そのことを踏まえてみてみるバランス感覚が必要だと思います。
お肌が本来持っている力を最大限に活かせているのか
知らず知らずのうちにお肌の機能の邪魔をしていないか
悪循環になっていないか
一度、見直してみてはいかがでしょう?



商品も情報もあふれかえっている時代ですが
スキンケアは本来皮膚のごく表面をケアしてくれるものということもお忘れなく!
日常の中で、私たちにできることは
基本的で理にかなったケアをすることではないでしょうか?

また、スキンケア商品やスキンケア以外に
遺伝や体質、ストレス、内臓の状態、ホルモン、老化 
環境や生活習慣、食生活、などなど
様々な影響を受けて今のお肌がある
のです。

生活習慣などの中からもかなり改善できる部分もありますので、
一度チェックしてみると美肌へのヒントがあると思いますよ

すこしでもお役にたてたら幸いです。


ではまた!
zaっきーでした


   ∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵☆メイクアップメニューのご紹介☆∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
   メイクでさりげなくイメチェンしましょう!御気軽にどうぞ!
    ■個人レッスン、または2・3人のプライベートメイクアップレッスンのご案内はこちら
    ■眉のお手入れをはじめとした、各種ヘア&メイクアップサービスのご案内はこちら
  ∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

 いつも、応援してくださってありがとーございます!
 ↓ぽちっとクリックお願い致します。コメントもお気軽にくださいね!
  にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ   こちらもぽちっ→人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anto1.blog129.fc2.com/tb.php/285-48d3b0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。