木を見て森も見て!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事で早起きした為、目がかすれてきた・・・
本題が長くなりそうなので(しかもややこしい)さっそくいきます。

今日は前回の“せおりー”のメイクを分析してみましょう。
(スタッフ用)公開メイクレッスン第2弾-②!!
とその前に・・・まずこちらを
☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・☆.・*.・:☆ 《 復 習 》 ☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆
こちらは初回、(公開メイクレッスン第1弾) のアイメイクの画像です。
眉毛の長さ

【小鼻の脇から】と【目尻を結んだ線】の延長が【眉尻)】というのがいわゆるセオリー
 でも、写真を見ると解かりますが、眉とコメカミの隙間が狭く見えてしまい、
結果、頬骨とのバランスが悪くなってしまいました。
また、若干、目元がきつく、つり目に見えてますね。
このときの仕上がりのイメージは涼しげな普段用メイクでした。
涼しいどころか、少々厚化粧に・・・(泣)
                            という結果でした。
☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆
そして、今回のお話に戻ります。
下記が“せおりー”が述べた今回(第2弾)のメイクの解説

       ・仕上がりのイメージ
        20歳・若々しく・かわいらしく
        目元強調・たれ目風に


       ・注意点とポイント
        眉    眉頭・・・・・離しぎみに
             色味・・・・・髪の色に合わせたこげ茶
             形・・・・・・角度をつけずに、直線的。短め (?)

        目元   アイホール・・イエロー系をニュアンスカラーに、まぶたに
             目尻・・・・・たれ目っぽく (?)
             目の下の際・・オレンジかかったブラウン
             アイライン・・まつ毛の間を埋めるように(こげ茶のライナー)


(?)は“なぜ”そうしようとするのか、私が疑問や違和感を感じたところ
でも初回のメイクを見て“なぜ?”かがわかった!!!
はは~ん!そういうことか

なんと、単純なことに、
失敗した部分の正反対の印象を今回の仕上がりのイメージにしてしまったワケです。
そういえば前回のリベンジって言ってました~。・・・トホホ
『ニックネームをせおりーにして大正解だわん

実際はどうだったでしょう?
☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・* 《分析&解説》 ☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆
今回のアイメイクは たれ目っぽく したかったんですよね・・・!?
…と言っていたわりにはそうでもない。

色々、線や点線を引きました。こうするとよくわかりますよね!
そう!前回よりソフトではありますが、また、つり目っぽく見えるようにメイクしてますね。
目尻の(黄色いライン)ところが強調されている部分です。
紫のラインのあたりを強調させればたれ目っぽく見えたかもしれません…ネ。
余計つり目に見えるよね
イラストAは目の幅を大きく見せ、目ぢからUPメイクです。

イラストBがたれ目風に見せるアイメイクです。
Bのようにするのが目的に合ったメイクだったのではないでしょうか?
☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*.・:☆.・*
結局、今回も残念ながら、目的(目標)と結果が不一致の、ある意味失敗メイクでした。

“せおりー”はこの後、『こんなはずじゃない!』とばかりにまたもや直しを入れました。
kaochan-after1&2
まあまあ良くなった~

・・・というか、
そもそも、たれ目っぽく、とか、眉を直線的
なぁ~んていう最初の計画(戯言)に問題があったと・・・。
なんだかなぁ~

****************************** 《まとめ》 *******************************
 たれ目っぽくしようという意識を捨てたら、
 つり目っぽくなくなりましたとさ・・・めでたしめでたし!皮肉ぅ~~
 要は、1つの些細なことに囚われすぎて、広い視野を見失ってしまい、良い結果にならない
 メイクの場合、一箇所に囚われ、全体のバランスが悪くなることはよくあるパターン
 まさに、“木を見て森を見ず”っていう・・・

 最初の分析(洞察力)・イメージ(想像力)・計画・創造・客観視・軌道修正…大事なことイッパイ。
 でも何事も同じではないでしょうか。
 メイクの場合はさらに、技術(具現化)・道具の知識も必要となります。
 ムズカシイことのようですがそんなことはありません。
 でもそんなにカンタンなわけでもない・・・あれ。オモシロイ、デスネ
***********************************************************************
次回、もう一度kaoちゃんで引っ張りま~す!(笑)

解説はzaっきーでした~
(サッカー・アジアカップが始まるまで仮眠を取ります)では

応援してくださる方、ぽちっとクリックお願いいたします

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anto1.blog129.fc2.com/tb.php/19-8ccd0662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。