2013年09月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり秋めいて日差しも柔らかくなりましたね

つい最近までギンギラとした日差しを避けるため
日傘を三度笠のように目深にさしてました
まあ、まだまだ紫外線は要注意なんでしょうけど、
とりあえずちょっと一安心ですかね~。

ところで実は私、
昨年にも増して今年はほとんど日焼け止めクリームを塗りませんでした。
肌への負担が少ない日焼け止めクリームをいくつか買ってはみたものの
どうしてもべたつきが原因でアセモのようになってしまうんです。
うすく塗ってもあんまり効果ないし・・・

それでもやはり日焼けはしたくない・・・というか、
日焼けで黒くなることよりも
私がホントに恐れているのはUVAによる真皮層への影響
お肌を老けさせますから・・・ね

で、考えた挙句、お顔と手の甲と首は注意して(超目深に日傘)後は手抜き、
ちょっとくらい日焼けしてもいいや!って…
その分、スキンケアや栄養面で美白効果を心がけました。

結果は?
例年とそんなに変わりませんでしたョ
来年もこれで乗り切ります




さて、秋の夜長、
今宵もスキンケアについてのお話を・・・

みなさま、スキンケア商品には何らかの期待をされて使われてますよね。

乾燥、シミ、くすみ、ニキビ、吹き出物、小じわ、老化・・・
これらの悩みを解消してくれる(?)
様々な期待を込めてお使いなんだと思います。

でも、ほんとにたくさんの商品が世に溢れる昨今

もっといいモノはないか・・・
もっと効果が高いものはないか・・・
もっと自分の肌質に合うものはないか・・・
もっと安全なものはないか・・・
そしてもっと簡単なものはないか・・・


 と万能で魔法の化粧品を求め過ぎてはいませんか?
 どんどん要求が高く期待感が大きくなっていないでしょうか?


でもね、
効果は大きく、それでいて誰のお肌にも安全な物・無害なもの、
って・・・ちょっと矛盾しているように感じるのはわたしだけでしょうか?


お薬だって、効き目は強く早く、
でも副作用やリスクがまったくないもの
どちらも網羅しているものを探すのって困難ですよね。

また、人体のことはもちろん
皮膚生理学や皮膚病のことなど
専門的、医学的にも、
まだまだ未知なことや解明されていないことが多いですしね




あくまでも私の考えですが・・・

●スキンケア商品は、
肌のメカニズムにのっとったもの、理にかなったものがリスクは少ないと思います。
あくまでもスキンケア用品は本来持っているお肌の機能に対して補助的なものと考え
化粧品の効果に対して過大に期待しすぎない
魔法の化粧品を求め過ぎない方が良いのではないかと思います。

また
●スキンケアに関しては
お肌の負担を極力減らすこと
過激なことはなるべくしない
お肌の状態と相談して・・・がイイのではないかと思います。


これは、日ごろのメイクレッスンで感じることなのですが、
『もっと何かした方が良いのではないか』とか
『もっと清潔にしなければ』と
強迫観念のようになってしまっていませんか?

スクラブやピーリング、マッサージやブラシ洗顔など
けっこう過度な刺激を好まれる方が多い気がします。
きれいになりたいと思うあまり、
力を入れすぎたり、頻繁にやり過ぎていたり…

お肌が悲鳴をあげてませんか?


そして、スキンケア以外でも
お肌に良いこと・悪いこと
よ~く見直してみると結構たくさん工夫できると思いますよ
日常生活の中で無理なく美容に効果的なことを上手に取り入れたいですね



すこしでもお役にたてたら幸いです。


ではまた!
zaっきーでした


   ∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵☆メイクアップメニューのご紹介☆∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
   メイクでさりげなくイメチェンしましょう!御気軽にどうぞ!
    ■個人レッスン、または2・3人のプライベートメイクアップレッスンのご案内はこちら
    ■眉のお手入れをはじめとした、各種ヘア&メイクアップサービスのご案内はこちら
  ∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

 いつも、応援してくださってありがとーございます!
 ↓ぽちっとクリックお願い致します。コメントもお気軽にくださいね!
  にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ   こちらもぽちっ→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
もう9月ですね
暦の上では秋

ちょっとづつ涼しくなってはいるものの
少し動くだけでまだまだ暑い、暑すぎです。


お近くの方も遠方の方も皆様、汗だくでの到着
とりあえずビール
・・・というわけにはいきませんので
アイスコーヒーや麦茶などで充分に水分補給していただき
汗を引かせて涼んでからレッスン開始でーす。

こんな暑い中、レッスンにお越しくださりホントうれしい限りです。

そのためにもしっかり楽しんでレッスンしましょうね

レッスンに来られない~~という方はブログの記事でヒントを盗んでね!






さて本題へ


前回に続き、
スキンケア商品を選ぶ際の基準
今回は肌質使用感について



スキンケア商品を選ぶ際
とりあえず、肌質別および使用感というくくりで選ぶ
 …という方が多いのではないでしょうか?

 普通肌はまあ、おいといて
 乾燥肌だったら、しっとりする保湿するもの
 脂性肌だったら、べとつかないさっぱりしたもの

というように
肌質によって使用感のお好みもちがいますもんね。

まあ、それはそれでいいのですが・・・


レッスンでいろんな方とお話をしたりお肌を拝見してると
肌をきれいにしたい!!…と肌質に不満や思いが強過ぎてか
無意識に極端なスキンケアに陥ってしまう方が結構いらっしゃるような気がします。



どういうことか?
わかりやすくちょっと例を挙げてみますね

脂性肌なので、
 『クレンジングや洗顔は時間をかけ念入りにしている』

『混合肌なので、
 定期的にTゾーンの毛穴の角栓や汚れを取っている』

『ニキビ肌なので
 殺菌効果のあるものを使っている』

『乾燥肌なので
 日中、何度もミストローションを吹き付けている』

『敏感肌なので
 薬や薬用のものを毎日お化粧前に塗っている』

などなど

例を挙げるとキリがないのですが
どれも一見、納得してしまいそうですよね


でもこれらすべてやり過ぎの可能性大ですし、
逆効果の可能性も・・・


一見、普通と思われることなのに
なぜ、逆効果の可能性があるのか?
というと


お肌や人体には
環境に適応する機能、
恒常性を保とうとするという機能、
免疫力や自然治癒力など他にも様々な機能が備わっていて
体を守ったり順応してくれていますよね。

なので、お肌は良い意味でも悪い意味でも適応していきます。



そのことを踏まえてみてみるバランス感覚が必要だと思います。
お肌が本来持っている力を最大限に活かせているのか
知らず知らずのうちにお肌の機能の邪魔をしていないか
悪循環になっていないか
一度、見直してみてはいかがでしょう?



商品も情報もあふれかえっている時代ですが
スキンケアは本来皮膚のごく表面をケアしてくれるものということもお忘れなく!
日常の中で、私たちにできることは
基本的で理にかなったケアをすることではないでしょうか?

また、スキンケア商品やスキンケア以外に
遺伝や体質、ストレス、内臓の状態、ホルモン、老化 
環境や生活習慣、食生活、などなど
様々な影響を受けて今のお肌がある
のです。

生活習慣などの中からもかなり改善できる部分もありますので、
一度チェックしてみると美肌へのヒントがあると思いますよ

すこしでもお役にたてたら幸いです。


ではまた!
zaっきーでした


   ∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵☆メイクアップメニューのご紹介☆∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
   メイクでさりげなくイメチェンしましょう!御気軽にどうぞ!
    ■個人レッスン、または2・3人のプライベートメイクアップレッスンのご案内はこちら
    ■眉のお手入れをはじめとした、各種ヘア&メイクアップサービスのご案内はこちら
  ∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

 いつも、応援してくださってありがとーございます!
 ↓ぽちっとクリックお願い致します。コメントもお気軽にくださいね!
  にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ   こちらもぽちっ→人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。