2011年02月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春一番、吹いちゃいましたね!

・・・てことは、そろそろ温かくなっちゃうんだ~!?
毎年、春が待ち遠しく思うわたくし“zaっきー”は
今年はそうは思わない!
なぜか・・・て!?
まだ薄着になりたくないんですよ意地でも。
昨日も重ね着でごまかしのファッションに身を包んだ私は
撮影現場で浮きまくり!!
しかも暑いのなんのって!鼻血が出そうでした。
一枚脱ぎゃあいいじゃん・・・と思ってもムリ!
早く痩せなきゃ~~
そんな乙女な部分も少しは残っていたんですね、
改めて再自覚しちゃいました。

でも温かくなった矢先にビールを飲む約束も入れてるワタシ
オヤジな部分も再自覚・・・←ヤッパリまずいですかね、ダイエットに!

            

というわけで本題へ

モデルは、アラサーの“はづさん”、
この日は『若々しく、なお且つ、モテカワメイク希望!!』とおっしゃっていました。
超サバサバ系の魅力あふれる女性です(正確にはアフサーなんですが・・・エヘッ!) 
メイク担当は恒例の“せおりー”
解説はわたくし“zaっきー”、

そんなキャストでお贈りする、
(スタッフ用)公開メイクアップレッスン第4弾-③

こちらが前回のアップした公開レッスンのビフォー&アフターです。
hazu-before-aftre-1

この写真で、今更ながら眉って大事!!って思いますよね。
ちなみにほとんど両方同じ大きさなのに
アフターの方が断然、小顔に見えますよね。
(もちろん、眉だけの効果ではないのですが・・・)

この“せおりー”のメイクもここでOKにしてもいいんですけど、
そこはメイクのプロ、メイクにおいては探究心・研究心を持ち続けたい私たちとしましては、
心をオニにして突っ込みをいれたいと思います。

突っ込み1
右画像(アフター)眉のアップの拡大です。
眉アップ
実は元の眉と描きたした部分がバレバレ。

突っ込み2
右画像(アフター)目元のアップの拡大です。
目元アップ
涙袋にハイライトを入れ、目元を印象アップ!!
というのはわかりますが・・・
でも、アフサー、アラサー以降の方の普段メイクとしてはやりすぎです。
もっと小さく入れるか、パール感を少なくするか、もう少し肌色になじむ色にするか・・・
んー、いずれにしても、もうちょっとさりげなくて良かったと思いますね、全然。

なぜか・・・
前回、はづさんのお肌、『荒れ気味』とご紹介しました。
なので、ココだけこんなに頑張っちゃうとさらに浮いてしまうんです。
あくまで小さめの写真用なら『良いんじゃない!?』と思っちゃうんですけどねぇ~。

実はこの時も、私、ちょっと直しちゃいました、目元だけ。
hazu-after-za

わざと眉頭を離し気味に描いてみました。
ココまで離しても以外に、自然でしょ!!
小鼻をスッキリ見せたい方は参考に!
・・・・・・・・・・☆今回のまとめ☆・・・・・・・・・・・
あくまでも、その方や年齢にあったメイクで若さを演出することが大事。

でした。
また今後、はづさんにお願いして別バージョンのメイクで挑戦します(by “せおりー”)。

ツマミはなるべく枝豆・やっこ・トマト・サラダ・お魚にしておこう
と思ってま~す!・・・zaっきーでした
では、よい週末を!!

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
昨日に引き続きクマ関連のお話をさせていただきます。
                     
コンシーラーやコントロールカラーもいろいろなタイプがあり
季節や用途、肌質、カバーしたい部分などを考えて選びます。
おすすめはいくつかありますが、まず自分達も仕事などで愛用していること、
その経験から、比較的“使いやすい”“肌質を選ばない”などの点から選んでいます。
もちろん、“絶対!”と言うものは存在しません!・・・けど。

今回は、特にこんな方々に
 ●皮膚の薄い、目の周りの負担を軽くしたい方
 ●乾燥しやすくちりめんじわが気になる方
 ●しつこい茶クマ、青クマの方
 ●厚塗りで隠しても蛍光灯や野外の光でくすんで見えてしまう方

オススメ!のコントロールカラーです。
ケサランパサラン・ジャスト アズ マジック アンダートーンライトアップ(オレンジ・ヴァニラ)2本セット

新品じゃないんです(新品はもっとぷっくりしてますョ) 

アンダートーンライトアップを、実際の使用例はこちら
クマ比較右側はノーメイク(肉眼はもっとクマが目立つ)
左側はオレンジとヴァニラ(イエロー)を混ぜ合わせて
アプリコット色にしたものでカバー(自然でしょ!?)

特徴は・・・
メーカー商品説明を引用『クマやくすみを隠すのではなく、
血流を表すオレンジとその上に光を集めるヴァニラを重ねることにより、
色ムラのない“活肌”を作り出します』・・・だそうです。


なるほど!!
私たちが気に入っているのもこの色!特にオレンジ。
 ●塗ったのになんとなく白浮きしてしまう方、
 ●厚塗りになってしまう方 ・・・にはもってこいの色!

私たちも永いことリピート買いしているものの一つです。
一応、中身も撮ってみましたので・・・ご参考に。
kp2色単色それぞれの色です。
まぜまぜ
オレンジとヴァニラ(1:1ぐらい)を混ぜたものです。
(色などは解かりにくいかも知れません、スミマセン)                                 
オススメポイントは・・・
●オレンジとヴァニラ(イエロー)の両方で微調整しやすい
 オレンジのみ付ける・混ぜて付ける・イエローのみ付ける・・・と使い分けることが出来る
 ●テクスチャーがみずみずしくて軽い、皮膚の薄い目元など負担が軽減できる
 ●高い保湿効果でデリケートな目元をしっとり保ちます。
 ●お肌に対して密着感が高く、重ね塗りもOK!
  ぶきっちょさんにもテクニックいらず
 ●オレンジとヴァニラ(イエロー)の2本セットでお得感のある価格

使用方法&コツは・・・
クマ・くすみの色によりますが・・・(最初から混ぜてもOK!)
基本はファンデーションをつける前にオレンジの方を先に薄くつけます。
指の腹で軽くトントンとのせるように置いていくのがコツ。
上からヴァニラをおき透明感を出す。
(物足りないようであればファンデーションかコンシーラーでカバーする)
注)すっごく色白な方の中には、オレンジ色のコントロールカラーの使用で逆に浮いてしまうという場合も・・・。
そういう方は、パープル系(orパールピンク系)で補正をされたほうが肌色になじむかもしれません。
                     
メイクの仕上げた後に、フェイスパウダー状、プレスト状のコントロールカラーを使う場合もあります。
また別でご紹介しますが、メイクブラシでふわっとのせるだけで、お肌のくすみや透明感アップに効果的ですし、何よりメイクの最後の調節として使えるので便利です。
コントロールカラー・コンシーラー関連、その他も、またの機会にいろいろご紹介できればと思ってま~す。

では!
参考になったらうれしいです。 
自分のクマ・シミに向けられる視線の方がなんだかドキッと気になる、
そんなお年頃の・・・ちーかまでした。

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
おひさしぶりです!!久々の更新で~す。
しばらく記事を書く時間がありませんでした
私たち、ゲソッとしました。
へへへ・・・見事ダイエットのおかげで痩せました!!! (ウソでしゅ)
わけではなく、単なる寝不足と疲れが原因。
お互いのやつれた顔を見て(じぶんの顔は見えないので)
ヤバイ!!
私も“ちーかま”も目元にクマさんが出没!? ×2頭=4頭

と言うわけで納得で決まった今回のテーマは!?
・・・ではなく
目の周りなどに出る、クマ対策について!
             
クマと言ってもいくつかの原因があり、
だいたいですが、クマの色によって分けられます。
(どのタイプも目立ち方には個人差があります)

青クマ・・・血行不良、寝不足、疲労、ストレス、ホルモンバランスのくずれ、低体温、など
茶クマ・・・色素沈着(摩擦、アレルギー性、乾燥、紫外線の影響など)
黒クマ・・・骨格や老化による、目元の脂肪のたるみによってできる影
(その他、内分泌系・内臓の病気や異常が原因の場合もあります) 

なんたって、目の周りはとても皮膚が薄くデリケート。
また、目の周りの眼輪筋という筋肉もデリケート。
クマが出やすいのはごもっともなんです。

なので・・・
 ゴシゴシこすらず、
 アイメイクはきちんと落とし、
 乾燥を防ぎ、
 紫外線対策をし、
 よく寝て、
 ストレスを解消し、
 血流アップ
 もちろん栄養面も気をつける ・・・いずれもクマの原因を取り除く(やめる)という・・・

解かってるよ!!と言われそうですね。
たしかに、クマが目立つと疲れた印象や老けた印象になりやすいので
クマがでたら何とかしたい!!

対処とては
・薄いクマならファンデーションのみでOK!!ですし、
・またはコンシーラーでカバーしてOK!!ならいいのですが、
ここで問題なのは
グレーっぽいというか白浮きしたような変な色が浮き出て仕上がりがきれいじゃない場合
・そう!で登場するのがコントロールカラー!!
 でも、コレが難しいんですょ・・・実は。
コントロールカラーは補色でカバーすることで肌色に近づけ色補正するというアイテムですよね。あくまで色として取り上げると(例えば)赤→緑、青→橙、黄→紫 が補色。
先ほどクマの色の話をしたものの、実際は、きれいな青色や茶色のはずはなくくすんでに濁った色
ですから、そのくすんで濁った色に対する補色を(コントロールカラーとして)選んでほしいんです。
そうなると、オレンジ系・イエロー系・パープル(パールピンク系に近い)
この辺りの色にだいたい絞られてきます。
あとは、色の濃さ・質感の相性のよいものを探すだけです。
ですが、皆さん、元々のお肌の色味もちがいますし、ヒトそれぞれです。

私たちも相当苦労して色々な方に色々なものを試しています。
ホント、地味で地道な作業!!
で、・・・地味になったところで“ちーかま”の出番がやってきました。

つづきは“ちーかま”が記事を書きま~~す。
何回かにわけ、いくつか、おすすめのもの(苦労の結晶)とその理由を
ご紹介していきますね。

『今日はよく寝て明日までにくまを消すぞ!!』
では、この辺で・・・zaっきーでした。

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
今日は公開メイクレッスン第4弾ー②
モデルになってくださったのは、はづさん、アラサー(しつこくてスミマセン)、
前回は話が脱線したのでビフォーしか載せてませんでしたね。
では“せおりー”のメイクの手順を紹介しますね。

もう一度、ビフォーから
  hazu-before1クリックで画像が拡大されます
お肌が少々荒れてましたね。
乾燥しているところにエステ行っちゃったらしいです。あちゃ

hazu-step1
・立体感を出す為にファンデ・粉ともに2~3色使い
・眉はややなだらかに描きやさしさ・かわいらしさ強調


hazu-step2
・ブラウンとオレンジのアイシャドウを丸く入れる
・“黒目がちでパッチリ”を意識してアイラインとその上をブラウンのシャドウ
・涙袋にハイライト
・チークを丸く


hazu-after1
・リップ用コンシーラーとピンクのリップ
・仕上げにヘアは横分け、前髪も横に流し


以上、“せおりー”の解説付きでした。
どうでしょう?
『おっ、かわいんでねぇーの?』一瞬思いましたが、
それは、もともとのはづさんの魅力を引き出した、ってとこですかね。

まあまあって感じですかね~。ガツーンとこない。
ちょっとわざとらしさがあるような・・・
ちょっと突っ込みいれたいな~。

皆さま、どう思われますか?

今日はココまで!
『つづく・・・』です。

ダメだ・・・
ダイエットのせいでおなか空きすぎて、集中力ゼロになってきました。
今日は、“ちーかま”とはそれぞれ仕事で別行動。がんばってるかな~。
私は朝、雨の中頑張って歩いて仕事に行ったし、
先ほど夕方、代官山をグルッと散歩しまして・・・今、記事を書いてます。
食べ物屋さんを避けて避けて帰ってきました。
誘惑に負けそうだった・・・けどこらえました。
そこは仲間の“ちーかま”の鬼のような顔を思い浮かべて・・・なんとかね。

あら、なぜか妙にチーズかまぼこが食べたくなってきた・・・zaっきーでした
では

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
先月、韓国出張だった師匠(zaっきー)からのお土産のお話をしましたよね・・・
泊まった豪華ホテルの写真を見せられながら
仕事の話(たった2割ぐらい?)と美味しそうな食事の話を聞かされ
電話を切った後、留守番の私はちょっとムッとした・・・
 そう、その時のお土産
たくさんのお土産の中から今回も1つご紹介します。
今、話題になっているかたつむり成分のスキンケアもの

かたつむりゲルマスク(パック)
トニーモリー インテンスリペア ライブスネイル ハイドロゲルマスク 1枚
 
【商品説明】 
イギス抽出物、モイスチャ24自然成分、センテラアジアチカ成分配合
韓国産カタツムリ粘液が70%が配合され、ハリのある健康肌に・・・
かたつむりの粘液の中には
[アラントイン]・・・・
 かたつむりは皮膚や殻が損傷すると自分の粘液で修復する性質があるようです。  
 かつむりの分泌液は肌細胞を再生を助長する作用があって                      
 刺激を受けた肌の沈静・角質ケアおよび毛穴の収縮に効果。
             
[ムチン]・・・・ 
 細胞の保護や潤滑物質としての
 役割を担う成分で肌にツヤとハリを与える効果。

 ・・・という成分が、入っているという事らしいです。

追記です(こちらの画像を忘れていましたのでアップします)
マスクは、こんな感じです。
パックの中身こんな感じ
上下にわかれているので張りやすく
ぷるん、ぷるんのゲルタイプです。
          
約1ヶ月間、使ってみました。
週1くらいのペースで・・・

個人的な感想です。
(気分や1・2回の使用で“いい!”とは書けないので1ヶ月かかってしまいました)
使用後、お肌がぷるんっとしてツヤハリを実感!!
乾燥対策の一つとしてスペシャルケアに取り入れていきたい、まあまあ満足!
といった感じです。
          
ところで、“あれがいい、これもいい”と化粧品のうわさや口コミ、
よく耳にも目にもしますが・・・
(何にでも興味をもつ私でも)基礎化粧や肌質が深くかかわる下地などのアイテム
はちょっと神経質になります。全部試すなんて無理ですもんね。
(当然ですがお仕事で人様に使うものなんかは特に・・・慎重です)
肌質はもちろんのこと(その時のお肌のコンディションでも変わってきますし)
生活環境・生活習慣もちがう、化粧品を使う状況や状態もちがいますので
あくまでも参考にする・・・というくらいの姿勢が大事だと思います。
ご自分のタイプ・リズムに合わせ、効果的に取り入れてほしいと思っています
          
その効果的な時期(リズム)とは・・?
卵胞期(生理終了から排卵日までの約7~10日間ぐらい)といわれている時期
 この時期は、ホルモンの分泌が多くなり、皮膚の表面温度が徐々に高くなりはじめ、
 血行も良くなって皮膚の水分と脂分のバランスが保たれ、肌が安定した状態に入っていくので
 化粧品の浸透も良くなりスキンケアの効果が高くなると言われています。

この時期を意識してみるのも良いかと思います。

参考になったらうれしいです!
          
私の肌の経過を観て『私も使おう~』と言っている(師匠)zaっきー、
もしや・・・
私は実験台だった!?と疑惑を抱いた・・・ちーかまでした。

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。