クマ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続きクマ関連のお話をさせていただきます。
                     
コンシーラーやコントロールカラーもいろいろなタイプがあり
季節や用途、肌質、カバーしたい部分などを考えて選びます。
おすすめはいくつかありますが、まず自分達も仕事などで愛用していること、
その経験から、比較的“使いやすい”“肌質を選ばない”などの点から選んでいます。
もちろん、“絶対!”と言うものは存在しません!・・・けど。

今回は、特にこんな方々に
 ●皮膚の薄い、目の周りの負担を軽くしたい方
 ●乾燥しやすくちりめんじわが気になる方
 ●しつこい茶クマ、青クマの方
 ●厚塗りで隠しても蛍光灯や野外の光でくすんで見えてしまう方

オススメ!のコントロールカラーです。
ケサランパサラン・ジャスト アズ マジック アンダートーンライトアップ(オレンジ・ヴァニラ)2本セット

新品じゃないんです(新品はもっとぷっくりしてますョ) 

アンダートーンライトアップを、実際の使用例はこちら
クマ比較右側はノーメイク(肉眼はもっとクマが目立つ)
左側はオレンジとヴァニラ(イエロー)を混ぜ合わせて
アプリコット色にしたものでカバー(自然でしょ!?)

特徴は・・・
メーカー商品説明を引用『クマやくすみを隠すのではなく、
血流を表すオレンジとその上に光を集めるヴァニラを重ねることにより、
色ムラのない“活肌”を作り出します』・・・だそうです。


なるほど!!
私たちが気に入っているのもこの色!特にオレンジ。
 ●塗ったのになんとなく白浮きしてしまう方、
 ●厚塗りになってしまう方 ・・・にはもってこいの色!

私たちも永いことリピート買いしているものの一つです。
一応、中身も撮ってみましたので・・・ご参考に。
kp2色単色それぞれの色です。
まぜまぜ
オレンジとヴァニラ(1:1ぐらい)を混ぜたものです。
(色などは解かりにくいかも知れません、スミマセン)                                 
オススメポイントは・・・
●オレンジとヴァニラ(イエロー)の両方で微調整しやすい
 オレンジのみ付ける・混ぜて付ける・イエローのみ付ける・・・と使い分けることが出来る
 ●テクスチャーがみずみずしくて軽い、皮膚の薄い目元など負担が軽減できる
 ●高い保湿効果でデリケートな目元をしっとり保ちます。
 ●お肌に対して密着感が高く、重ね塗りもOK!
  ぶきっちょさんにもテクニックいらず
 ●オレンジとヴァニラ(イエロー)の2本セットでお得感のある価格

使用方法&コツは・・・
クマ・くすみの色によりますが・・・(最初から混ぜてもOK!)
基本はファンデーションをつける前にオレンジの方を先に薄くつけます。
指の腹で軽くトントンとのせるように置いていくのがコツ。
上からヴァニラをおき透明感を出す。
(物足りないようであればファンデーションかコンシーラーでカバーする)
注)すっごく色白な方の中には、オレンジ色のコントロールカラーの使用で逆に浮いてしまうという場合も・・・。
そういう方は、パープル系(orパールピンク系)で補正をされたほうが肌色になじむかもしれません。
                     
メイクの仕上げた後に、フェイスパウダー状、プレスト状のコントロールカラーを使う場合もあります。
また別でご紹介しますが、メイクブラシでふわっとのせるだけで、お肌のくすみや透明感アップに効果的ですし、何よりメイクの最後の調節として使えるので便利です。
コントロールカラー・コンシーラー関連、その他も、またの機会にいろいろご紹介できればと思ってま~す。

では!
参考になったらうれしいです。 
自分のクマ・シミに向けられる視線の方がなんだかドキッと気になる、
そんなお年頃の・・・ちーかまでした。

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
おひさしぶりです!!久々の更新で~す。
しばらく記事を書く時間がありませんでした
私たち、ゲソッとしました。
へへへ・・・見事ダイエットのおかげで痩せました!!! (ウソでしゅ)
わけではなく、単なる寝不足と疲れが原因。
お互いのやつれた顔を見て(じぶんの顔は見えないので)
ヤバイ!!
私も“ちーかま”も目元にクマさんが出没!? ×2頭=4頭

と言うわけで納得で決まった今回のテーマは!?
・・・ではなく
目の周りなどに出る、クマ対策について!
             
クマと言ってもいくつかの原因があり、
だいたいですが、クマの色によって分けられます。
(どのタイプも目立ち方には個人差があります)

青クマ・・・血行不良、寝不足、疲労、ストレス、ホルモンバランスのくずれ、低体温、など
茶クマ・・・色素沈着(摩擦、アレルギー性、乾燥、紫外線の影響など)
黒クマ・・・骨格や老化による、目元の脂肪のたるみによってできる影
(その他、内分泌系・内臓の病気や異常が原因の場合もあります) 

なんたって、目の周りはとても皮膚が薄くデリケート。
また、目の周りの眼輪筋という筋肉もデリケート。
クマが出やすいのはごもっともなんです。

なので・・・
 ゴシゴシこすらず、
 アイメイクはきちんと落とし、
 乾燥を防ぎ、
 紫外線対策をし、
 よく寝て、
 ストレスを解消し、
 血流アップ
 もちろん栄養面も気をつける ・・・いずれもクマの原因を取り除く(やめる)という・・・

解かってるよ!!と言われそうですね。
たしかに、クマが目立つと疲れた印象や老けた印象になりやすいので
クマがでたら何とかしたい!!

対処とては
・薄いクマならファンデーションのみでOK!!ですし、
・またはコンシーラーでカバーしてOK!!ならいいのですが、
ここで問題なのは
グレーっぽいというか白浮きしたような変な色が浮き出て仕上がりがきれいじゃない場合
・そう!で登場するのがコントロールカラー!!
 でも、コレが難しいんですょ・・・実は。
コントロールカラーは補色でカバーすることで肌色に近づけ色補正するというアイテムですよね。あくまで色として取り上げると(例えば)赤→緑、青→橙、黄→紫 が補色。
先ほどクマの色の話をしたものの、実際は、きれいな青色や茶色のはずはなくくすんでに濁った色
ですから、そのくすんで濁った色に対する補色を(コントロールカラーとして)選んでほしいんです。
そうなると、オレンジ系・イエロー系・パープル(パールピンク系に近い)
この辺りの色にだいたい絞られてきます。
あとは、色の濃さ・質感の相性のよいものを探すだけです。
ですが、皆さん、元々のお肌の色味もちがいますし、ヒトそれぞれです。

私たちも相当苦労して色々な方に色々なものを試しています。
ホント、地味で地道な作業!!
で、・・・地味になったところで“ちーかま”の出番がやってきました。

つづきは“ちーかま”が記事を書きま~~す。
何回かにわけ、いくつか、おすすめのもの(苦労の結晶)とその理由を
ご紹介していきますね。

『今日はよく寝て明日までにくまを消すぞ!!』
では、この辺で・・・zaっきーでした。

いつも、応援してくださってありがとーございます!ぽちっとクリックお願い致します。
コメントもお気軽にくださいね!

人気ブログランキングへ     

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。